メディカロイドメディカロイド

About Us

企業沿革

2012年
  • 川崎重工業株式会社 橋本康彦(現・同社代表取締役社長執行役員)とシスメックス株式会社 浅野薫(現・同社取締役専務執行役員CTO)を中心に、メディカロイドの前身となる「医療用ロボット研究会」を発足
2013年
  • 川崎重工業とシスメックスの共同出資により、株式会社メディカロイド設立
    医療現場でのロボットの活用可能性を探るため、マーケティング活動を開始

2015年

身体への負担を軽減する低侵襲治療のニーズの高まりをうけ、手術支援ロボットの開発を開始
以降、1年毎に1台のプロトタイプ機を開発し、医師による機能評価を実施

  • 米国に現地法人Medicaroid, inc.設立
    海外展開を見据え、グローバルに拠点を設置
2016年
  • 神戸医療産業都市 国際医療開発センター(IMDA)へ本社を移転

2017年
  • 医療業界参入の足掛かりとして、産業用ロボットの技術を転用したロボット手術台「SOT-100 Vercia™」を発売

2019年

プロトタイプ機を用いたドクターによる機能評価・改良を重ね、実臨床での使用に向け精度向上

2020年

手術支援ロボット「hinotori™ サージカルロボットシステム」が
製造販売承認を取得

「hinotori™ サージカルロボットシステム」第一症例を実施

  • ドイツに現地法人Medicaroid Europe GmbH設立
  • トレーニングセンター「MIL™-神戸」開所

2021年
  • トレーニングセンター「MIL™-名古屋」開所
2022年
  • 開発センターを神戸国際交流会館へ移転
    メディカロイドと川崎重工業の医療用ロボット設計・開発部門を集約し体制強化
  • 東京サービスセンター開所
  • トレーニングセンター「MIL™-東京」開所